火曜日は、寄り天になる銘柄が多い?

火曜日は寄り天になる銘柄が多くて、注意が必要な曜日だ。

 

寄りでは買いが入っていても、後続の買いが続かず、しかも大口の売りがドカドカ出てくる。

 

特に新興株や低位株ではそれが顕著で、日経平均があまり大きく動いてなくても、新興株や低位株がドンドン売られる。

 

月曜日まで騰がっていた銘柄など、特にそういう傾向があるように思う。

 

火曜日は、だから余程注意しないと、九時台に大きな損を抱えることになる。

 

 

 

 

 


 

デイトレがダメな日は、ジタバタすると傷口が拡がる

デイトレを毎日していれば、すぐに気がつくだろうが、デイトレでは勝ちようがない日が多々ある。

 

こういう日に、取り返そうとしてジタバタすると、負けが込んで思わぬ大敗になったりする。

 

ところが「何をやってもダメな日なんだ」と気づくのは、午後一時くらいになってからだったりする。

 

デイトレでは、後場はもう利益確定タイムになって居たりして、なかなか大きな動きが出てきにくい。

 

午後一時から二時くらいの間は、売り優勢になったりして、株価は下がりやすくなるため、デイトレでは利益が取りにくい。

 

株価が二時前後に低迷している銘柄は、株価が上がるのは、大引けに近付くにつれてだったりする。

 

逆に大引けまで右肩上がりにジワジワ買われた株は、大引け前になると突然大きな売りや大口の利確売り・手じまい売りが出たりして、株価が大きく下がったりする。

 

この時点になって収支がマイナスだったりすると、最期の最後にもう一度勝負ができる。

 

つまり、午後取引が低調なのに、なんとか株価を保っている銘柄の最後の噴き上がりに期待して、押し目を狙うわけだ。

 

ところが前場にバタバタ取引をして、マイナスが積み重なってしまうと、後場の低調な時間帯でも勝負に行って、そこでまたマイナスを作ってしまう。

 

そうなると、買い付け余力も減ってしまうし、噴き上がった銘柄に飛び乗る元気もなくなってしまう。

 

そして火曜日に大マイナスになると、その週はもうしんどい戦いになってしまう。

 

さらに疲れ果ててしまい、木曜や金曜には注意力が散漫になって、大損してしまうことがいつものことだ。

 

火曜日はホントに気をつけよう。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX