11時過ぎ 前引け前に動意づく銘柄は熱い?

急騰株の見つけ方。

 

デイトレをしていると、ザラ場中に急騰する銘柄の株価の動きには、一定のパターンがあることに気づく。

 

前場、午前11時前後に動き始める銘柄も、その一つだ。

 

11時頃までは音なしで、横ばい状態が続いていたのに、11時を過ぎると突然大きな買いが入り始め、株価が急騰する。

 

あるいは前引け10分前くらいに大きな買いが連続して入り、後場に入ってから株価が急騰する。

 

こういう風に、決まった時刻に大きな買いが入るときは、投資ファンドや仕手筋が絡んでいる銘柄だ。

 

前場に大きな買いが入る時間帯

前場に大きな買いが入る時間帯は、だいたい次のような感じだ。

  • 9時半から10時の間に大きな買いが入る場合
  • 10時半過ぎに大きな買いが入る場合
  • 11時から前引け前に大きな買いが入る場合

この中で、一番期待出来そうなのが、3つめの「前引け前に大きな買いが入る」場合だ。

 

こういう場合は、昼休みに何らかの(良い)材料が出そうな場合だ。


マネックスグループが、仮想通貨取引所のコインチェック買収を発表したのも、金曜日の昼休みだった。

 

このウワサは数日前からあって動意付いては居たのだが、揉み合っていた。

 

ところが金曜日の前場11時過ぎに、突如として大きな買いが入り始めた。

 

こういう場合は、記者会見の予定が出たような場合によくあるのだが、そのニュースをいち早く掴んだトレーダーが、大きな成り買いを入れたと言うことらしい。

 

あるいは、どこかの中小証券会社が買いを入れたのかも知れない。

 

証券会社も自己勘定で株を売買しているので、実は一番こういう予定をいち早く知れるのは、証券会社だったりするし。

 

11過ぎに動意付いて急騰するパターンの5分足チャート

デイトレ 11時に動く銘柄はチャンス?

 

上のチャートの場合は、前引け10分前までは、ずっと揉み合い状態だったが、そこから大口の買いが入り始めて前引け。

 

そして後場に入るとさらに上昇して横ばいが続いた後、13時半に大口の買いが連続してストップ高目前まで上昇したケース。

 

こういう動きは、好材料が出た当日ではなく、翌日とか2日後くらいに出てくるチャートだ。

 

材料が出た日に少し上がったが、そのあと買いが続かず横ばい。

 

その間に投資ファンドなり仕手グループが株を買い集め、翌日か二日後辺りに、ドーンと買いを入れて目立たせるという様なパターンらしい。

 

ファンドや仕手絡みだとすると、少し下がって揉み合って居るときに掴んでも、あまり下がらないから、チャンスだ。

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加