ボックストレンドに捕まると、連敗が続く

デイトレをしていると、ずーっと負け続けることがある。

 

どうしても勝てなくて、一ヶ月丸々、負け続けるというようなこともある。

 

一回の負けは大したことがなくても、積もり積もっていつの間にか大金を失っていたりする。

 

でもこれって、考えてみると、かなり不思議なことだ。

 

というのもデイトレは、板情報を見て売買するので、そんなに簡単には負けないはずだしね。

 

特に近年は「フル板」といって、売買注文の殆どを、パソコンで見ることが出来るようになっている。

 

なので、どのあたりに、どれくらいの注文が出ているかも、ハッキリ分かる。

 

前引け・大引けで、どれくらいの成り買い注文・成り売り注文があるのかも、よくわかる。

 

なのに気づいてみると、一週間全敗。

 

一ヶ月、ほぼ全敗。

 

そして投資資金がガクンと減っていたりする。

 

いったい、どういうわけだ?

 

買ったら下がる、売ったら騰がる

 

株で負けるときと言うのは、買ったら下がり、売ったら騰がるというパターンになっていることが多い。

 

もちろん他の負け方も色々あるが、買うと高値づかみになって、売るとそこが底になっていたりする。

 

こういうパターンというのは、ボックストレンドになっているのに気づいていないときだ。


 

デイトレで連敗が続くときと言うのは、読みと逆の方向に株価動いてばかりになっているはずだが、これはボックスになっていると気づかず売買していることが多い。

 

つまり、騰がると思って買えば、そこで上昇が止まって下がり始める。

 

下がると思って売れば、そこで下落が止まって反発する。

 

この繰り返しで、ドンドン負けが込んでいくわけだ。

 

ボックストレンドで高値ブレイクや安値ブレイクは、ダマシ

 

デイトレ中に、大きな買いが入ったら、当然、上方向に伸びると考える。

 

歩み値を見ていると、高値を買い上がる連中が居るとわかるが、こういう場合は、どこかのタイミングで上に跳ねそうに見える。

 

そこで押し目を狙って買ってみるのだが、残念ながら買いが続かずに、今度は大きな売りが出て大きく下げる。

 

こういうときは大抵、買いの力が弱くて、上に抜けることが出来ず、早めに見切った大口が手じまい売りを出して、また下がると言うことになってしまう。

 

特に、近い将来、何らかの材料が出ることを知っている大口さんや、機関投資家などは、所々で買いを入れるが、別にその日に必要な株数を揃える必要も無いので、寄りで買って、10時過ぎに買って、あとはもう終日、買い上がらないというようなこともよくある。

 

こういうパターンに引っかかると、デイトレは負けが込んでしまうわけだ。

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加