後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケースとは

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレは、板と歩み値と五分足チャートを見て、押し目を狙うデイトレだ。

 

板と歩み値とチャートを見て、売買を判断する。

 

歩み値を確認して大口さん達の買いがあるかどうか、しっかり確認して買いに入るので、勝率はすこぶる良い。

 

ところが、欠点もいろいろある。

 

一つはまず「押し目がないと、取れない」ということ。

 

大口さんや、仕手筋が寄りつきで仕掛けてくるような場合、いきなり急騰するので、買いに入れない。

 

いくらチャートをデイトレ用にカスタマイズしたとしても、一番短期の移動平均線は15分線だから、9時20分くらいまでは、チャートが使えない。

 

要するに、買うかどうか材料にできるのは、「歩み値」だけなのだ。

 

たとえば、こういうのは、後出しデイトレ・押し目狙いデイトレでは、取れない。

 

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケース

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケース

前日に業績の上方修正があって、寄りつきから一気に買いが入って急騰したが、そのあと横ばいになってしまったケース。
後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケース

 

こういう場合、移動平均線も使えないし、テクニカル分析では買いに入るタイミングがない。

 


 

 

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケース

これも、寄りつきの急騰を、後出しデイトレ・押し目狙いデイトレでは、狙いにくいケース。
後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えないケース

 

寄り付き前の雰囲気で、買いが入りそうな銘柄というのは、何となく分かるが、急騰後の急落が怖いので、なかなか買いエントリーが難しい。

 

こういう場合は、勝率が非常に悪い

 

というのも急騰銘柄は、利益確定ポイントがとにかく分かりにくい。

 

そのため、移動平均線をカスタマイズして、利確ポイントを探すわけだが、急騰して急落したら、移動平均線が役に立たない。

 

超短期決戦になるので、あっと言う間に含み損になっていたりする。

 

こういう風に、エグジットポイント、利食いポイントがイメージできない場合に買いに入ったら、大損になる確率が非常に高い。

 

そしてもう一つは、「利幅が取れないので、大して儲からない」。

 

急騰銘柄は、すでに急騰して大幅上昇しているので、途中から乗っても利幅が取れない。

 

飛び乗って、すぐに飛び降りて、利幅が20円前後だったら、「労多くして功少なし」だ。

 

寄りつきで、後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えるケース

一方、後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで狙えるケースは、こういう場合だ。

 

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで、狙えるケース

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで、狙えるケース
高寄り後、9時半までに売りが一巡、切り返したケース。

 

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで、狙えるケース

後出しデイトレ・押し目狙いデイトレで、狙えるケース
こちらも、大口さん達の買いはあるが、ゆっくりと動いていて、押し目を狙いやすい。

 

急騰株に飛び乗って、大きな利益を取るのは、毎日できることでは無いし、損するリスクも大きいので、避けたいところだ。

 

寄り高からヨコヨコで、垂れるパターン 5分足チャートの例

寄り高から垂れるパターン 5分足チャートの例
こういうことも、毎日のようによくあるし。

 

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!