新興株や低位株は、買いが入る日と買いが入らない日がある

デイトレで重要なのは、その日の市場センチメントを早く知ることだ。

 

市場センチメントとは、市場全体に漂う雰囲気みたいなもので、一個人には抗しがたい大きな流れだ。

 

相場全体がイケイケムードの日と、相場全体がドンヨリした日では、株価の動き方は全然違うと言えば、何となくイメージが湧くかも知れない。

 

市場センチメントがものすごく良い日は、朝イチでどの銘柄を買っても9割方は儲かってしまう。

 

市場参加者が「買いたい一色」なので、朝九時台に買った銘柄は、右肩上がりで騰がっていく。

 

逆に市場センチメントが悪い日に売買すると、なにを買っても株価が下がる展開になる。

 

日経平均がボロボロで大幅下落しているときに、デイトレで稼ごうと思っても、まず稼げない。

 

カラ売りが得意ならそれでも儲かるだろうが、買いポジションで儲けるのは至難の業だ。

 

そんな日にデイトレすると、あちこちで損切りしまくって傷口を拡げる。

 

色んな銘柄に手を出しては損切りし、小さな損が重なって大きな損になっていく。

 

市場センチメントが悪い日は、デイトレを休むのが一番良いし、前引けくらいまでは様子見にしておいた方が良い。

 

ただ、デイトレを毎日の楽しみにしていると、つい手が出ちゃうんだけどね。



 

デイトレで狙う銘柄とは

 

デイトレで狙う銘柄は、一日のウチに大きくアップダウンする新興株や低位株などだ。

 

一日に10円も動かないような銘柄は、デイトレもしにくい。

 

なので少なくとも20円から30円くらいは動く銘柄でないと、デイトレでは狙いにくい。

 

ただ新興株や低位株は、買いが入る日と買いが入らない日がある。

 

簡単に言うと、日経平均株価が低迷しているときには買いが入って賑わう

 

新興株や低位株が上がる時は、東証一部の値がさ銘柄が不振な日だ。

 

こういう日は、個人投資家達が、値動きが期待出来る新興市場の銘柄を物色するからだ。

 

逆に日経平均株価が急騰したり急落して、大きく動いている日は、新興株には買いが入らない。

 

買いが入らないと株価は上がらないから、デイトレで稼ぐのは難しくなる。

 

つまり市場センチメントと言っても、東証一部中心の本則市場センチメントと、新興株や低位株中心のデイトレ市場センチメントの2種類があるワケだ。

 

デイトレで儲けるには、デイトレ市場センチメントがどうなっているか、その辺りを考えつつ、相場に臨まないといけないね。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング