金曜日は、早じまいすべき

金曜日の後場に、ギャンブルをするのも、デイトレの悪手だ。

 

金曜日の後場は、手じまい売りが出やすいので、他の曜日と違う動きになりやすい。

 

なので金曜日の午後2時半を過ぎてダメなら、もう諦めて手仕舞った方が無難だ。

 

翌週のために、金曜日の後場の安いところで買うという人もいるだろう。

 

しかし土日の休日を挟んだ月曜日が、どんな地合いの相場になっているかは、月曜になってみないと分からない。

 

どこかで紛争が始まってるかも知れないし、どこかで天変地異が起こっているかも知れない。

 

トランプ大統領が、困ったツイートをする可能性も多い。

 

そういう予測不能なことで損害を被らないように、木曜や金曜はポジションを整理して手仕舞うわけだ。



 

金曜日は、前場で失敗したら、後場ではまず取り返せない

デイトレは、株を翌日に持ち越さずに、大引けで手仕舞うのが一つのルールだ。

 

もちろんこれは誰が決めたわけでもなく、自分で決めたルールだし、自分で守るべきルールだ。

 

デイトレの利点は、大引け後のニュースで株価が暴落するリスクを回避できることだ。

 

保有株やポジションを持たないことで、休日は何の心配もしなくて良い。

 

また明らかに地合いが悪い日は、前場はお休みにして、後場からリバウンド狙いで勝負しても良い。

 

ところがデイトレ依存になってしまうと、チャンスがないのに勝負してしまうんだよね。

 

デイトレは後出しデイトレで、押し目狙いデイトレなら、リスクが少なく勝率が高くなるのに、寄り前から買い注文を出してしまったり、大引けまでずっと売買していたりする。

 

デイトレで勝つコツ

前場は9時半前まで様子見する、大引けでは早めに撤退する。
金曜日の後場は、ギャンブル的な勝負しない。

 

そういう風にルールを決めて、デイトレをしていても、思わぬ損失を喰らったりすると、大引けまで粘ってしまう。

 

その結果何が起こるかというと、さらなる損失、損の上塗りだ。

 

新興株やマイナーな銘柄は、金曜日の大引けには買いが入らずに、ズルズルと株価が下がることが普通だ。

 

だから前日より売買が出来ていない銘柄は、早めに撤退しないと、金曜日の大引け前に大幅下落したりする。

 

それなら翌週に持ち越せば良いと考えるかも知れない。

 

しかし月曜日の寄りつきもギャップダウンスタートだったりするから、持ち越し損で、ダブルパンチを喰らうのが関の山だ。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング