ストップ高銘柄は、2日後以降が狙い目?

ストップ高銘柄、すなわち最近ストップ高を記録した株・銘柄は、押し目狙いができるかもしれない。

 

ストップ高を記録したと言うことは、何らかのプラス材料があるということだし、注目を集めたので売買参加者が増えている

 

そしてストップ高の利益確定の動きと、さらに高値を目指す動きが交錯するから、1日の値動きの幅は普段に比べて何倍も大きくなる。

 

なのでこの銘柄の下値がどのくらいになるのか、ある程度分かれば、押し目狙いもできるだろう。

 

押し目狙いというと、デイトレではなくスイングトレードのやり方になってしまうが、利益が上がるなら別にデイトレにこだわる必要はない。

 

デイトレで思わぬ含み損を抱えてしまっていても、日足チャートで右肩上がりが続けば、含み損はどこかで解消されるわけだし。

 

ということで、含み損が出たときは、日足チャートを眺めてみて、右上がりにあるかどうかを検討してみるのもよさそうだ。

 

ストップ高を記録して、次の日は調整で下がり、翌日にまた大きく上がるということは、よくある。

 

まあもちろん、全く理由なく上がっている場合は、2度と高値がつかないもんではあるが。

 

ストップ高銘柄の下値支持線の例(日足チャート)
ストップ高銘柄の下値支持線の例何も慌てて損切りをする必要もないし。

 


デイトレに疲れたら、スイング中心に切り替えろ

デイトレをしているとたまに、前に損切りした株・銘柄が、いつのまにかまた上がっていることがある。

 

ストップ高後に大下げして、損切りをした時点では、もうダメだと思っていても、下落して値固めが終わったのか、反転して上昇し始める株も多いのだ。

 

こういう日足チャートは、値固めしながら上昇していることを表すので、長期的な上昇曲線を描きやすい。

 

1日おきに上がる日足チャートの例
※デイトレでは大変動だが、日足を見たら何でもないチャート1日おきに上がる日足チャートの例このチャートの様子だと、1日どーっと上げて、翌日は高値始まりで、後場はマイナスに転じ、退けにかけて持ち直す。

 

で、翌日はまたどーっと株価が上昇して、その翌日はまた高値からちょっと上げて、そこから下落。

 

こういうパターンだね。

 

デイトレをしている場合、こういう株はもう毎日ひやひやするが、スイングトレードだと、なんと言うこともないようなトレードになって、精神衛生上、非常に良いかもしれない。

 

ストップ高狙いのデイトレに疲れたら、スイングに切り替えて休むというのも良いかもしれない。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意


仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225