どこで利確すれば良いのか

デイトレで勝つには、市場センチメントを分析して、勝負に出るかどうかをまず決める。

 

そしてその次には、

  1. 銘柄選び
  2. エントリータイミング
  3. 利益確定(あるいは損切り)タイミング

という風に作業が進む。

 

買いで入る場合は、まず歩み値を見て、大口さんの買いが入っていることを確認する。

 

大口さん達が買いに入っていなければ、株価は上がらないからこれは重要だ。

 

そして売りが枯れてきたと思えば、少し下に指し値を入れて、押し目買いで入れば良い。

 

だが問題は、利益確定タイミングだ。

 

いくらイメージ道理の指し値で押し目買いがうまく行ったとしても、そのあとに高値で売り抜けないと意味が無い。

 

株は利益確定してナンボであって、エントリーがいくら上手く行っても、イグジットがダメならどうしようもない。

 

ところがこの利益確定や損切りが、難しいんですよねえ。



 

デイトレで利確タイミングを逃しやすいわけ

 

デイトレでは、利確タイミングが上手く行くことは滅多にない。

 

株価がグングン上がっている時は、どこまで騰がるのか分からないし、もしかしてストップ高まで上がる?というワクワクで興奮してしまう。

 

そしてそういう妄想で興奮している間に、株価はトレンド転換して急降下して、いつの間にやら含み損になっていたりする。

 

マイナス圏からプラテンして、40円以上の値幅がとれそうだと思ったら、みるみるうちに株価が急落して、またマイ転。

 

取らぬ狸の皮算用で頭の中がお花畑になっているうちに、みるみる含み益が減っていく。

 

それなのに、なぜかフリーズして利確出来ない。

 

これは困った。

 

何とかハッキリした利確ポイントをみつけないと。

 

利確ポイントを逃した5分足チャートの例(九時半ピーク)

デイトレで利確タイミングを逃しやすいわけ
この銘柄のこの日の値動きだと、どこで利益確定すれば良いのか?

 

利確ポイントを逃した5分足チャートの例(10時ピーク)

デイトレで利確タイミングを逃しやすいわけ

 

上の2つは私が高値売り抜けに失敗して、損切りしたケースの5分足チャートだが、これってどこがエグジットポイントだったんだろうね?

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング