大陽線が出る前の揉み合いの時点で買えば儲かる

デイトレで急騰株を掴む話の続き。

 

デイトレをしていると、どこかの時点から急激に株価が上がり、急騰することがある。

 

こういう株を掴むと、大きく儲けることができる。

 

ただしザラ場中に急騰する株を掴むのは、なかなか難しい。

 

まず、もの凄い材料が出た場合は、寄った瞬間に大きな買いが連続して、5分も経たずにストップ高まで駆け上がるので、掴めない。

 

何連騰もストップ高を続ける銘柄というのは、こういう感じであっと言う間にストップ高まで駆け上がったり、高値で寄ってそのまま横ばいになったりするため、かなりの素早い判断が必要になる。

 

ダメ株の場合は、高寄りしたあと、大きな売りが連続して、あっと言う間に大きく下がったりするからね。

 

いくらでもナンピンができる余力があって、多少損しても耐えられるなら、打診買いで少し買って、そのあとどうするか考えればいいんだけど。

 

しかし材料が微妙で、あまり材料の大きさがよく分からないようなケースでは、ちょっと違った動きをする。

 

揉み合いが続いた後、どこかのタイミングで大きな買いが連続して、大幅上昇するのだ。

 

そのためデイトレでは、大陽線が出る前の揉み合いの時点で買えれば、大きな利益が上がる。


では、どういう感じの銘柄が、ストップ高など大幅上昇するのか。

 

それは「安寄りして、しばらく揉み合った後に、大きく上がる銘柄」だ。

 

寄りつきからしばらくは少し上がったところで揉み合い、次第に買いが優勢になり、あるとき大きな陽線が出る。

 

こういう場合、最初は「上がる」→「売りが出て下がる」→「再度買いが入って上がる」→「また売りが出て下がる」という繰り返しになる。

 

なので最初は上ヒゲだらけになって、しばらく揉み合っている。

 

ところが、どこかで売りの力が衰え、買いの勢いが増して、びゅっと株価が上がり大陽線がでる。

 

次のチャートの場合は、10時過ぎまで小幅上昇のまま揉み合った後、上に放れた形のチャートだ。

前場からダラダラ上がるパターン

デイトレ 大陽線が出る前に買えば儲かる

 

このチャートを見ると、前場はとにかく上ヒゲだが、後場は逆に下ヒゲだらけになっている。

 

後場になると手仕舞いするヒトも増えてくるため、前場とは逆に「売りが出て下がる」→「買いが入って下げ渋る」という繰り返しになる。

 

下がってもまた大口の買いが入るというのは、そのあとも期待出来るパターンだ。

 

もちろん、後場から株価が急騰する場合もある。

 

こういう場合は、前引け前に少し動きがあったりもする。

 

後場のどこかで急激に買いが入って急騰するパターン

デイトレ 大陽線が出る前に買えば儲かる

 

前場はプラスマイナスを行ったり来たりしていて、前引け少し前から大きな買いが連続して上がり出すパターンだ。

 

こういうケースの場合、マイナス圏で掴んでいると、大きな値幅になるので、プラテンするだけでも利益が出る。

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意


仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225