デイトレで、翌日に保有株を持ち越しても良い場合

デイトレで、たまに翌日に株を持ち越したいと思うことがある。

 

たとえば好材料が出て、翌日も大きく上がりそうな場合。

 

こういう場合は、翌日に持ち越しても良いだろう。

 

いわゆる「動意株の初動(しょどう)」に出くわした場合だ。

 

こういう場合、投資余力の一部をスイング投資に振り替えれば良い。

 

というのも、デイトレで株価が2倍3倍になるようなチャンスは、滅多にないからね。

 

せっかく大きく伸びそうな銘柄を掴んだのだから、そういう場合は翌日以降に持ち越せば良い。



 

ただこれはスイングトレードだから、持ち越しには、いくつか条件がある

 

デイトレでも、翌日に株を持ち越しても良い条件

たとえば投資資金がたくさんあるなら、3分の1くらいはスイング投資にしても良い。

 

投資余力がたくさんあって、デイトレするのに十分な余力があれば、一部をスイングトレードに回せば良い。

 

3分の2はデイトレで、残りの3分の1はスイングにすれば良い。

 

というのも株を持ち越すと、翌日にギャップダウンスタートになる事も多い。

 

ストップ高になった翌日、4割方はマイナスになるというデータもあるし、急騰すると利益確定の売りが降ってきたりする。

 

ギャップダウンスタートなら、前日に決済して、また新たに買いに入った方が、利幅が取れるからデイトレの方が有利だし、下落トレンドになるなら、買わないという選択もできるし。

 

なので株を持ち越す場合は、最悪ナンピンする余力がある場合に限る。

 

全力買いで持ち越すと、デイトレを楽しむことも出来ないしね。

持ち越し株の売買が、差金決済に引っかかって身動きできなくなる

もしナンピンの余裕を考えずに全力買いすると、差金決済(さきんけっさい)に注意しないといけない。

 

2019年夏時点では、現物株は「差金決済」が出来ないルールだ。

 

差金決済というのは、一日の内に同じ資金で同じ銘柄を1往復しか売買できないという決まりだ。

 

たとえば投資資金が10万円しかない時、10万円分の株を買って売れば、その日はもう、その銘柄は買うことができないのだ。

 

こういう風に「買って売る」場合は、再び買うチャンスがなくなる。

 

株を売ったあと、その銘柄が急騰しても、買えないのでチャンスを逃すことになる。

 

ただこの場合は、それ以上に損するリスクはないので、まだマシだ。

 

チャンスがあれば、また翌日に買いに入れば良いし。

 

一方、株を持ち越して、それを売ったあと、同じ銘柄を買い直した場合には、大損の可能性が発生する。

 

というのも一旦買い直した銘柄は、そのあとに株価が暴落しても、差金決済になるので売ることができないのだ。

 

買い直した銘柄の企業に関して、ザラ場中に悪い材料が出ても、逃げることが出来ない

 

これは思わぬ大損になってしまうので、とにかく避けないといけない。

 

資金に余裕があれば、カラ売りでヘッジすることも可能なんだけれど、余力が無いと何のヘッジも出来ずに、まともに暴落の被害を喰らうことになる。

 

デイトレで株を翌日に持ち越して良い場合 まとめ

デイトレしていて、株を翌日に持ち越して良い場合は、

  • 上昇トレンド中で、翌日も株価が上がりそうな場合
  • 投資余力に余裕があり、翌日に株が暴落して対応できる場合

因みに、下落トレンドになっている場合は、持ち越すと損が増えることが多い

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング