移動平均線で、利確タイミングを決める

デイトレでは、利益確定が遅れやすい。

 

というのも買った株が急騰すると、それに対して凄い売りが湧いてきたりして、利確ポイントが分かりにくいからだ。

 

特に大きな含み益が一瞬でも出来ると、捕らぬ狸の皮算用して、「これはストップ高かも」と夢を見たりする。

 

もちろん急騰すれば、20回に1回くらいは、ストップ高まで駆け上がったりもするのだが、ストップ高まで上昇するよりも、株価が急落する方がはるかに多い。

 

ところが一瞬でも、そういう皮算用をしてしまうと、利確の判断が遅れる。

 

株価が下がり始めても、頭の中がお花畑になってしまい、利益確定が遅れてしまうのだ。

 

自分はまだ上昇すると思っているから、しばらく我慢しておれば、また買いが入って上昇する。

 

そう思うのだけど、大きな売りが連続で続いて株価がみるみるうちに下がると、頭が混乱する。

 

「これは一時的な押し目なのか、それとも下落トレンド入りなのか?」と迷う。

 

その結果、状況を受け入れるのに時間がかかって、利益確定が遅れてしまうらしい。

 

これってどうにか、テクニカル分析でナントカできないものか。

 



 

移動平均線とロウソク足で、利確ポイントを決める

テクニカルで利確ポイントを決めるなら、使えるのは5分足チャートと移動平均線しかない。

 

日足チャートで売りサインとされている部分で、デイトレでも同じように売れば良い。

 

ただしデフォルトの設定では、5分足チャートの移動平均線は「5本・25本・75本」になっていて、使いにくい。

 

この設定では、移動平均線同士があまりクロスしないから、使いにくい。

 

そこで移動平均線の設定を「3本・8本・21本」に変更して使う。

 

この設定変更の話は、【図解】デイトレ用の設定変更が、なぜ必要かのところで紹介したので、違いを見て欲しい。

 

フィボナッチ数を利用した移動平均線の例(1)

フィボナッチ数を利用した移動平均線の例(1)

 

この5分足チャートで、利確ポイント(売りポイント)を探すとしたら、

  • 赤い移動平均線(3本線)が、緑色の移動平均線(8本線)を切るデッドクロス
  • 赤い移動平均線が、白い移動平均線(21本線)を切るデッドクロス

といったところだろう。

 

どちらが良いかは、なかなか難しいところだが、かなり高値まで上がってしまっていたら、実はあまり大差なかったりする。

 

デッドクロスが出たところでは遅すぎると思えば、緑の中期線をロウソク足が横切ったところで売ればよい

 

イナゴタワーの5分足チャートの例

急に噴き上がる急騰株では、短期線(3本)と中期線(8本)のクロス、中期線をロウソク足が跨ぐところで売ると確実だ。
イナゴタワーの5分足チャートの例

 

こういう商状だと、3本線と21本線のクロスでは、儲け損なった感が凄そうだけど。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング