買い時と売り時を間違える

デイトレでは、買い時と売り時を間違えることが、よくある。

 

特に大きな売りが出て、株価がドーンと下がると、危険を感じて損切りしてしまったりする。

 

ところが後で見ると、そこが実は直近の底で、株価はそこから反発して上昇し始めたりする。

 

五分足チャートと、歩み値だけ見ていると、そうして買いチャンスの時に、うっかり投げ売りしてしまったりするのだ。

 

この直接的な原因は、買値が高すぎることにある。

 

高値で買ってしまうと、含み損が急に膨らむので、恐怖に駆られて売ってしまうのだ。



 

冷静さを欠いて、いろいろ判断を誤る

デイトレをしているとよくあるのだが、たとえば、こういう感じの時だ。

 

買い時なのに売ってしまう五分足チャートの例

買い時なのに売ってしまう五分足チャートの例

 

この日は、この銘柄を寄りで買おうと思って指していたが、思わぬ買い上がりが入って、慌てて指し値を上げて買った。

 

そうすると5分後に大きな売りが出て、ドーンとマイナス圏まで落とされた。

 

うわ、今日は下がるのか!と慌てて損切りしたら、5分後にはまた買いが入って株価が上昇。

 

最初の指し値だと、2本目の大陰線で引っかかって買えて、楽々プラスだった。

 

なのに寄ってすぐに大きな買いが続いたもんだから慌てて、うっかり高値追いしてしまった。

 

その結果、ドーンと大きく下がったときに含み損がデカくなって、怖くなって損切り。

 

朝イチで頭が働いていないときに、よくやるミスだね。

 

でも、騰がると思っていたのに、ドーンと売り込まれると、やっぱリスク回避のために切るしかない。

 

そして「あ、しまった、やっぱり買いだ」と思って買い直してみたものの、また大きな売りで下押しして、結局また底で投げるという情けないことに。

 

デイトレは、クルクル変わる局面で判断しないと行けないので、最初にミスして失敗すると、後を引くんだよねえ。

 

買いサインが出てから買っても間に合う

デイトレは、クルクルと状況が変わることが多い。

 

特に朝イチの寄りつきは、大きな額の金が飛び交うので、方向感が分からない。

 

急騰したり、急落したり、目まぐるしく動く。

 

板情報も、歩み値も、目まぐるしくて、見ていると頭がクラクラしてしまう。

 

こういう状況で買うとか売るという判断をするというのは、簡単なことではない。

 

若くして株で財をなすデイトレーダーだと、天才的なノリや感覚で、寄りつきの激しい局面でも対応できるのかも知れない。

 

しかしデイトレで確実に利益を出そうと思ったら、ノリや感覚で売買するのではなく、買いサインが出たら買う、売りサインが出たら売る、というスタンスの方が、勝率が高くなる。

 

そのため、寄りつきで買いに入らず、注文を入れるとしても、指し値をかなり下げておいた方が良い。

 

寄りつきは、スパイク的な売りもでやすいので、かなり下に指しても、瞬間的に刺さって買えることも多いしね。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング