デイトレ向き銘柄の探し方(マーケットスピード)

デイトレ向きの銘柄は、毎日の値上がり率ランキングから探すことができる。

 

楽天証券のマーケットスピードのマイページに、デイトレ向き銘柄探し用のページを作り、その中から条件に合う銘柄をピックアップすれば良い。

 

マーケットスピードは、ドラッグ・アンド・ドロップですぐにチャートや板情報を見ることができるので、デイトレ向き銘柄探しにとても便利だ。

 

 

そして値上がり率ランキングに出てくる銘柄の分足チャートを片っ端から見て、条件に合うかどうかを確かめれば良い。

 

デイトレ向き銘柄の探し方(マーケットスピード)
デイトレ向き銘柄の探し方(マーケットスピード)左の枠に作った値上がり率ランキングリストから、気になる銘柄名を右側にドラッグ&ドロップして、単元株数や日足チャート・5分足チャートを確認する。

 

日足チャートは滑らかで右上がりの方が良いが、デイトレの場合は5分足チャートの方が重要だ。

 

たとえばこんな5分足チャートだと、デイトレしようがない。

 

閑散 5分足チャートの例
これだけ取引が閑散としていたら、デイトレしようがない。

 


デイトレに向いた株の5分足チャートとは

デイトレードをするには、売買参加者が多くないといけない。

 

というのも参加者が少ないと、買い付けも高値づかみになりやすいし、売りたくなっても買い手が見つからないから、デイトレードしたくても無理だ。

 

では、それをどうやって調べれば良いかというと、5分足チャートのツナガリ具合を見れば良い。

 

5分足チャートが密集してつながっていて、なおかつ上下の動きが大きな銘柄が、デイトレ向き銘柄だと言える。

 

たとえばこんな感じのチャートは、デイトレ向き。

 

デイトレ向き銘柄の5分足チャートの例(2日分)
デイトレ向き銘柄の5分足チャートロウソク足の上下にヒゲがたくさん出ているが、これはそれだけ売り買いが多かったと言うことだ。

 

こちらは左半分(1日前)閑散相場、右半分が賑わいだした相場の5分足チャート。

 

5分足チャート例(ひげが多いチャート)
左半分のヒゲがないロウソク足は、売りばかり・買いばかりの一方的な取引を表している。

 

右半分は、何か材料が出たため、売り買いが激しく行われて、非常に長いひげが上下に伸びている。

 

これは売買参加者が少ないために、極端に値動きしているせいだ。

 

売買参加者が多ければ、長いひげがこんなにたくさん出ることはない。

 

こういう銘柄は、線香花火みたいなもんで、翌日にはまた閑散相場に逆戻りする。

 

しかも後場になったらプラスが全部なくなって、初めの価格に戻っているし。

 

こういうのは避けるべきだろう。

 

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加