★第1位★儲かる銘柄をズバリ!即金投資【株ドカン】

★第2位★新!うねり取り!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄の6条件!『株式投資錬金術』

人気化した銘柄は、大引け直前に激しく動く

大引け前に買いが入って株価が上がる銘柄の話の続き。

 

大引け直前の10分間は、株価が大きく動く時間帯だ。

 

特に最近株価が上昇していて、関心が高まっている様な銘柄の場合、最後の10分で株価が上か下に大きく動く。

 

通常、どの銘柄でも、朝の寄りつき後の30分くらいは株価が大きく動く。

 

しかし大引け前は、銘柄によって様々だ。

 

というのも多少取引が閑散化している銘柄の場合は、朝方はそれなり売買があるが、大引け前はあまり動かない。

 

後場寄りから10分も経ち、13時を過ぎるともう取引がチラホラになり、あとは大引け前に少し動くだけ。

 

一方、人気化している銘柄の場合、後場は売りの方が強くなって横ばいになるか、多少右下がりになったりするが、大引け前にまた大きな買いが入り始めて株価が跳ねたりする。

 

こういう動きをする場合は、たいていの場合、中小のファンドとか仕手筋が絡んでいる。

 

株価をもっと上に引き上げたい勢力がいる銘柄は、売りたいヤツに先に売らせておいてから、安いところを買い集め、最後にドーンと株価を吊り上げに来る。

 

たとえば右上の歩み値のように、14:45:39のところに8万株くらいの大きな買い(3,000万円分)が出ているが、こういうドデカい買いが続いて、株価がグッと上に持ち上げられる。

 

なので日中の商いが五分五分で、株価が横ばいであっても、最後にドーンと買いが入って高値引け、と言う形になるわけだ。



では、こういう大引け直前に買いが入りやすい銘柄は、どう見つければよいか。

 

実は、数日前に急騰した後、しばらくヨコ張っているような銘柄で、こういう買いが入りやすい。

 

いわゆる「揉み合い上放れ」(もみあい・うわばなれ)というパターンだね。

 

ちょっと大きく上がって、そこでしばらく揉み揉み。

 

「あれ?買いが弱っちゃったかな」と思いきや、忘れた頃にまた買いがドーンと入って、株価が急騰。

 

こういう感じで株価が上がっていく。

 

ストップ高になった翌日に、なぜかギャップダウンスタートだとか、寄り高になって株価が下がり、マイナス圏で揉み揉み。

 

あれ、昨日のストップ高は一体何だったのか?と思っていたら、2日後にまた買いがドーンと入って、株価が急騰する。

 

日経平均株価に採用されているような銘柄だと、こういう動きは滅多にしないのだが、新興株や低位株の場合は、こういうことが良く起こる。

 

いわゆる「仕手」とか「ファンド」という投資グループが、株をドンドン買うときのパターンの一つだね。

 

ウイークリートレーダーなどだと、買ったのはよいが、マイナス圏でウロウロしていると嫌になって手仕舞いしがちだ。

 

けれど、デイトレの場合はマイナス圏で横ばいしていて、後場のどこかで噴き上がる銘柄は、大きな値幅が取れることも多いから、うれしいね。

3845 アイフリークモバイル 5分足チャート(2018/05/28)

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加