持ち越し株の処理で混乱して、チャンスを逃す

持ち越し株の処理で混乱して、チャンスを逃す事も多い。

 

デイトレでは、翌日(翌営業日)に保有株を持ち越さず、その日のうちに決済する。

 

いわゆる「日ばかり決済」というヤツで、その日の損益は、その日のうちにというのが、デイトレだ。

 

ところがたまに、翌日に株を持ち越したいと思うことがある。

 

こういう場合、たいてい翌日は大損になる

 

というのも、デイトレの考え方と、スイングトレードの考え方は、全然違うからだ。

 

デイトレで、翌日に保有株を持ち越しても良い場合

たとえば好材料が出て、翌日も大きく上がりそうな場合は、翌日に持ち越しても良いだろう。

 

いわゆる「動意株の初動(しょどう)」に出くわした場合だ。

 

こういう場合、投資余力の一部をスイング投資に振り替えれば良い。

 

というのも、デイトレで株価が2倍3倍になるようなチャンスは、滅多にないからね。



 

しかし下落トレンドや暴落した銘柄が、翌日切り返すと思って持ち越すのは止めた方が良い

 

というのもたいてい、翌日に買いに入る人は少ないので、さらに下がるからだ。

 

デイトレで持ち越すと、大損する場合

デイトレで思わぬ大きな含み損が出来てしまった場合も、持ち越したい欲望にかられる。

 

こういう場合は、損切りの決心が付かないことも多い。

 

たとえば日経平均が500円くらい下げて、地合いが悪いとき。

 

「今日は地合いが悪いから下がってしまったが、本来は上向きのハズだ」と考えて、翌日に株を持ち越したくなる。

 

「地合いが良くなれば、あるいは地合いが悪いのをトレーダーが織り込めば、また買いが入って逆行高するはずだ」。

 

そう思って持ち越しても、市場のセンチメントが悪化しているので、そう簡単には切り返さない

 

また午後2時半くらいから突然すごい売りが出て、チャートが壊れてしまったような場合も、持ち越したくなる。

 

午後2時半過ぎにチャートがクラッシュ 5分足チャートの例

午後2時半にチャートがクラッシュ

 

こういうときは、混乱して皆、投げ売りしているが、冷静になれば、元の株価水準に戻るはず。

 

そう思って、含み損の銘柄を持ち越したくなる。

 

ただこういう場合、翌日も大損になることが多い。

 

というのも翌日の寄りつきは波乱含みな上、株の売買を決心するのに手間取るからだ。

 

翌日も、大量の売りから始まるパターンの五分足チャートの例

寄りつきダウン
それまで堅調な銘柄でも、下落トレンドに入ったり、暴落したりすると、翌日も大きく売りが出てしまう。

 

たとえギャップアップスタートでも、大陰線が出てマイ転したりする。

 

朝イチに、これを喰らうのは辛い。

 

なんせいきなりマイナスから始まってしまうし、やる気も失せてしまう。

 

こういうのが辛いから、日計り決済で、毎日新しい気持ちで相場に臨んでいるのに。

 

そしていきなりマイナスから始まると、切り返すかと思って様子見したりして、さらに傷が拡がったりする

 

その間に、その日の新しい旬の銘柄が右肩上がりに上がっていたりして、儲けるチャンスも逃すしね。

 

まとめ

毎日デイトレを楽しみたいなら、下がってる株は持ち越さないことが肝要だ。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング