急騰する銘柄は、売買のバランスが崩れたときに大きく動く

デイトレで儲けるにはどうしたらよいか。

 

低位株やボロ株のデイトレは難しい。

 

というのもほとんどの時間帯で、株価が横ばい状態になることが多いからだ。

 

売買高が少なくて、売買代金も少ないような銘柄だと、5分間で全く売買が成立しないこともよくある。

 

また寄りつきだけ動いて、あとはヨコヨコになったり、前場は激しく動いたが、後場はほとんど閑散化することもある。

 

なのでこういう銘柄でデイトレしてもムダかも知れない。

 

ところがこういう閑散銘柄が、何かの切っ掛けである日突然動きだし、メキメキと大幅上昇して、ストップ高になったり、ストップ高目前まで上がったりする。

 

ただし大幅上昇して高値引けで終わるか、それとも失速して終わるかは、需給次第で何とも言えない。

 

動意付いた初日は失速しても、翌日からまた動き出す銘柄も多いしね。

 

初日はもうとにかく、ちょっと上がっても、すぐに売りが出てくる展開になる。

 

普段、滅多に動かない不人気銘柄の場合は、噴き上がったらすぐに売って儲けようとするカラ売り師も多い。

 

もともとその銘柄に興味があって付いているトレーダーが少ないため、買いの力が弱いのだ。

 

だから、値上がり率ランキングに載った瞬間に、すぐにカラ売りが殺到して、せっかく上がった株価が押さえつけられてしまう。


ところが大幅上昇する銘柄の場合は、売りが出ても、またしばらくすると買い上がってくる連中が居る。

 

そのため、「少し上がる」→「売り崩される」→「少し上がる」→「売り崩される」を繰り返して、上ヒゲだらけの5分足チャートになることが多い。

 

次のチャートの場合は、10時過ぎまで小幅上昇のまま揉み合った後、上に放れた形のチャートだ。

前場からダラダラ上がるパターン

デイトレ急騰株のチャートは上ヒゲだらけ

 

上のチャートの場合、9時台は上ヒゲだらけで、430円と435円のボックスになる。

 

5円上がったら、すぐに5円押しさげられる展開がずっと続き、なかなか上昇しきれない。

 

しかし10時15分くらいから買い優勢になり、揉み合うステージが5円上に上がる。

 

ここでもやっぱり売りが出て、上ヒゲが並ぶが、さらにもう5円ステージが上がる。

 

さらに450円前後で半時間ほど揉み合いになり、11時前後から急に買いの勢いが増して480円まで駆け上がる。

 

こういう風に、買い上がっては売りが出て、その売りをまた買い上がっては、売りが出るという繰り返しが、前場の動きになる。

 

そして後場に入ると、今度は先に売りが出て、後から買いが入る展開になり、下ヒゲが並ぶ場合が多い。

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意


仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225