募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

巨大な売り板が出た後の株価の動き

更新日:

デイトレをやっていると、突然、巨大な売り板が出ることがある。

 

株価が少しずつ上昇しているときに、突如巨大な売り板が壁のように立ちふさがり、株価の上昇を止める。

 

こういう場合、この大きな売り注文は、たいてい消えずに残る事が多い。

 

たまに売り板の一部が1円下とか2円下に移って、ばらけることもあるが、たいていはそのまま注文が出されたままだ。

 

こういう場合、株価がどういう風に動くのかというと、大きく分けて4通りある。

 

大きな売り板を買い上がる勢力や勢いがない場合

買いの力が弱い場合は、巨大な壁に押し戻されて株価が下がる。

 

巨大な売り注文板はそのまま残って、その数円ほど下で売買が進む。

 

というのも売りたい人は指し値を下げて売ってくるからだ。

 

右上の板の場合は、510円のところに巨大な売り注文が出ているが、1円下や2円下にも1万株ずつの売り注文があるが、これがそうだ。

 

巨大な売り板を買い崩して、さらに上昇する場合

買いに勢いがある場合は、巨大な売り板も少しずつ削られていって、最後には突破して株価が上がる。

 

こういう場合の歩み値(あゆみね)を見ていると、5,000株とか1万株とか、大口の買いがちょくちょく入っていたりする。

 

こういう風に、零細トレーダーが売って、大口トレーダーが買っている場合、大幅上昇になりやすく、大きな売りを捌いたら一気に上に放れる事が多い。


巨大な売り板を買い崩したあと、大きな売りが出て下落する場合

突如現れた巨大な売り板を、買いが何とか買い崩しても、そこで買いの勢いが途絶えて、逆に下がる場合もある。

 

そして買いの勢いが続かないと、また同じ価格のところに、同じくらいの分厚い売り板の壁が現れたりする。

 

酷い場合は、巨大な売り板が買い尽くされた瞬間に、今度は大きな売りがドカーンと連続して出てきて、株価が一気に数%も押しさげられたりする。

 

こういう場合は、仕手筋などに、カラ売りを仕込まれたと想像できる。

 

高値のカラ売りを買い上げさせておいて、カラ売りが約定したら、今度は手持ちの現物や買い玉をドーンと売ってきて株価を下げて、往復で稼ごうという魂胆らしい。

 

何かの材料が出て、それで急騰した株の場合は、こういう風に高値でカラ売りを仕掛けてくるカラ売り師も多い。

 

巨大な売り板で売値が抑えられた銘柄の5分足チャートの例


※510円のところに巨大な売り注文が並び、いったんは買いが勝って高値に抜けたのだが、そのあと猛烈な売りで株価が押しさげられた例。

 

再びまた510円のところに壁ができて、結局そのまま大引けになった。

 

因みにこの壁は、翌日になるとたいてい消えていたりする。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX