デイトレでも、日経平均株価の動きを常にモニターすべき。

デイトレでは、大口の動向は無視できない。

 

大口が買いに入ると株価は上がるし、大口が売り掛かると株価は下がる。

 

なので通常のザラ場であれば、大口の動向だけを見ておれば良い。

 

歩み値を見て、大口が買っているか売っているかを見れば、そのあとの展開は、概ね分かる。

 

ただこれは、あくまでも日経平均株価が大きく動いていない日に限る話だ。

 

大口投資家は、投資資金がデカいため、新興株以外にも日経平均採用銘柄をたくさん持っている。

 

そのため、日経平均が数百円も動いている日は、大口も手じまいしてポジション調整する。

 

新興株も大型株も関係なく、利益が出ている銘柄や、この先、期待出来ない銘柄を売って、とりあえず現金化する。

 

場合によっては売りヘッジ(カラ売り)して、今ある含み益を守ったりもする。

 

新興銘柄や低位株の場合、カラ売りできない非貸借銘柄も多いので、売りヘッジもせずに手仕舞いしてしまう。

 

大口投資家が現物や買い玉を売ったり、カラ売りで売りヘッジするわけだから、買い手不足で株価は大きく下がる。

 

なので日経平均が大きく下がったときは、新興銘柄や低位株もドーンと下がってしまうわけだね。


日経平均がドーンと200円以上下がるような日(あるいはそうなりそうな日)には、手がけている銘柄がいくら期待度大でも、大口投資家は手仕舞いしていったん手を引く。

 

一旦株を売って、現金化してから、次の行動を考える。

 

キャッシュ・イズ・キングということで、大変動する銘柄からは一旦離れて、落ち着いてから再エントリーする。

 

そのため、どうしても手放せない銘柄以外は、手仕舞いしてしまう。

 

どうしても手放せない銘柄の場合は、同じ株数だけ売りヘッジして、含み益をキープしたりもする。

 

大型株であろうが、中型株であろうが、新興株や低位株であっても、それは同じだ。

 

ただ問題は、こういうときは往々にして、新興株の下落幅の方が、何倍も大きくなるということだ。

 

大型株の下げが3%程度でも、新興株は10%も下がったりする。

 

新興株専門のトレーダーにとっては、えらい迷惑な話だが、大口が投げ売りを始めたら、こうなってしまう。

 

そして日経平均が大きく下がった日は連れ安するくせに、日経平均が大幅に上がっても、新興株には資金が戻ってこない。

 

なのでデイトレや新興株専門のトレーダーは、日経平均株価にも気を払っておく必要がある。

 

と言っても、いちいち日経平均株価を表示しておく必要はない。

 

日経平均連動型のETFもあるので、それを銘柄リストに入れて置けば、どう動いているかは一目で分かるはずだし。

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加