募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

デイトレは損しやすい。損切り貧乏になりやすい。

更新日:

デイトレは、損しやすい。

 

デイトレは、財産を失いやすい。

 

というのもデイトレでは、売買のタイミングが重要だからだ。

 

デイトレで利益を出せる銘柄は値動きが激しく、10分先の株価はどうなっているのかわからない。

 

なので、買い付けるタイミングや、利益を確定するタイミングを間違うと、利益どころかたった数分で大損を食らって、何万円も損切りする羽目になる。

 

たとえばある銘柄に大きな買い注文が入って、値上がり率ランキングの下位に載ったりすると、「イナゴ投資家たち」が集まって、株価が急騰する。

 

イナゴ投資家というのはデイトレーダーの一種で、スキャルピングなどの超短期トレードを得意とする投資家達だ。

 

彼らは急騰する株にイナゴのように集まり、値上がりが止まったらさっさと利益確定し、またすぐに他の株に移っていく。

 

イナゴ投資家たちは、居合抜きのごとく、値上がり率ランキングをじっと観察していて、動き始めた株を見つけたら、すぐに参戦する。

 

株価が急騰した理由はどうでもよくて、とにかく上がり始めた株を買い付けて、上昇が止まったら売る。

 

株価急騰の原因が、その企業に関する良い発表なら、その後も株価がさほど下がらず上がっていくのだが、単に「発表開始」だけでも急騰したりする。

 

いわゆる「狼煙(のろし)」とか「火柱」みたいな大陽線が出る。

 

そこでウッカリ飛び乗ったら、10分後には雲行きが怪しくなり、今度はダーッと株価が下がり始めてダラダラ下がっていく。

 

大陽線発生後、ドーンと下がる5分足チャートの例

買い付け資金は、常に余裕を持たせておかないと、遅れる

イナゴ投資家と呼ばれるデイトレーダー達は、値上がり率ランキングを常に監視していて、動き始めた株があると、すぐにそれを買う。

 

そのために常に買い付け資金を余らせていて、値上がりが止まるとすぐに売って換金する。

 

ところがデイトレ茶帯の場合は、常に資金全部を使って株を買い付け、いわゆる「全力買い」してしまっていることが多い。

 

そのため急騰している株を新しく買い付けるためには、手持ち株をまず売らないといけなかったりする。

 

そして買い付けのタイミングが遅れ、買い付けた頃には値上がりが止まっていたりする。

 

もちろん、買い付けたところから株価がさらに上がり続けることもあるが、なかなかそういう幸運は少ない。

 

というのも株価が上がると集まるイナゴ投資家たちは、株価が下がり始めると一斉に売りに転じるから、ドーンと大陰線が出て、たった5分くらいでも、大きな含み損を抱える羽目になったりする。

 

もちろん急騰の原因が、企業の何らかの発表であれば、一回下がった株価がまたジリジリと上がり出すのだが、あまり大した発表でなければ、直近の高値を超えず、ダラダラと右肩下がりで株価が下がっていく。

 

こういう株を買い付けてしまうと、損切りしかないのだけれど、「奇跡」を願ってズルズルと持ち続けて、出血がひどくなったりする。

 

こういうイナゴ式デイトレーダー達は、寄りつきで上がっている株に飛び乗り、9時半くらいからは利益確定作業に入るため、9時半前後から大陽線が出て、大きく下がることが多い。

 

9時半になると、急に売りが出て大陰線の5分足チャートの例

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX