脳が疲れているのにエントリーして大損

デイトレで利益確定した後、なぜか損してしまう。

 

そんなケースはもう何百回も経験した。

 

急騰株を掴み、激しく上がったり下がったりを繰り返している中で、ようやく利確に踏み切って「儲けた!」。

 

そう思った5分後には、また別の銘柄にエントリーして、そこで損をしてしまう。

 

小さな損切りの場合もあるし、大きな損切りもあるが、とにかく失敗して勝ちを減らしてしまう。

 

3連勝以上するようなことは滅多になく、小さな負けが積み重なって、大きな儲けが消え失せる。

 

これと同じようなことは、曜日によっても起こる。

 

週の前半に少し大きく儲けても、木曜日か金曜日に大きく損をしてチャラにしてしまう。

 

木曜日や金曜日は、土日に向けて手仕舞いする人も多いから、株価が下がりやすいと言うこともある。

 

しかしどうも、それだけではない感じはある。

 

というのも、損した後に「なんかえらい疲れてる」と感じるからだ。

 

損して手仕舞って諦めてから、自分が無茶苦茶疲れ果ててたことに気がつくのだ。

 

どうやらこれは、「自分が気がつかないだけで、物凄く疲れているせい」らしい。

 

理性を司る前頭葉が疲れ果てて、正常な判断が出来なくなってしまって、それで雑なトレードをしてしまうって事らしい。

 

でもなんで、そんなに疲れちゃってるのか?

 

恐らくは、値動きが激しい銘柄ばかり手がけているからだろう。


人間の脳というのは、集中すると物凄く疲れる。

 

特にデイトレのように、フル板情報と5分足チャート、そして歩み値まで見ながらトレードすると、脳はフル回転だ。

 

値動きがゆっくりな銘柄なら、掃除をしたり洗い物をしたり、テレビでも見ながらでも手がけられる。

 

出来高があまり大きくなく、大口の買いが入るのを待っているだけの銘柄なら、パソコンの前から離れて、ノンビリ他の作業しながらでも良い。

 

一日の売買代金が数億円程度の銘柄なら、そういう方法でも構わない。

 

しかし急騰株のように、値動きが激しい銘柄だと、そういうわけにもいかない。

 

トイレのためにパソコンの前から離れて戻ってきたら、大陰線が出てたなんてことは、しょっちゅう起こる。

 

そしてそこで損切りするか、我慢してもう少し様子を見るか、思案・検討することになる。

 

歩み値をさかのぼって調べたり、銘柄別の掲示板を覗いてみたりと、色んな事をして情報を集める。

 

このあと売りは止むのか、大口の買いが入る見込みがあるのか…、なんてね。

 

さらに株価が上がったら上がったで、どこで利確すべきかが焦点になる。

 

もう少し上がることを期待して利確を先延ばしにするか、それとも利確して今ある含み益を確保するか。

 

この辺の判断も、デイトレだとかなり頭を使う。

 

こういうことを続けていたら、そりゃヘトヘトに疲れ果ててしまうわけだね。

 

ところが利確した後は脳が興奮した状態のままであるため、判断力が落ちていて、ダメ株を掴みやすい。

 

特に大口の売りが出て、株価がガクンと下がったところで諦めて利確した場合は「儲け損なった」という気分になっている。

 

ギャンブルで一番嫌なのは、損することではなく儲け損なうことなので、思った株価で利確出来なかったときは、いくら儲けていても、「失敗した」と感じてしまうのだ。

 

こういう場合は「損を取り返そう」と思って、ギャンブル性の高い銘柄を買って損しやすい。

広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2


このエントリーをはてなブックマークに追加