零細トレーダーがデイトレで儲けるには?

デイトレ必勝法などの本を見ると、いとも簡単に儲かるみたいな話が載っている。

 

本を売るためだから、デイトレの利点ばかり強調されているが、実際に始めて見ると、これがとんでもなく難しい。

 

というのもデイトレで儲けるには、限られた時間の中で様々な情報を集めて、売買を決断しなくてはならない。

 

この株は騰がるのか下がるのか、5分足チャートや歩み値を見て判断し、どこで買いに入るか、どこで売り抜けて利益確定するか、判断しなければならない。

 

しかもトレード参加者は株式投資のプロやセミプロばかりで、普通の株式投資より圧倒的に経験が必要だ。

 

だから、アマチュア投資家がフラッとデイトレを始めて、すぐに儲けられるようなことはない。

 

デイトレで儲けるには、

  1. デイトレに適した銘柄を選び、
  2. センチメント(売買の雰囲気)を適切に判断し、
  3. エントリーポイントと利食いの目標をうまく設定する

と言うことが重要になる。


 

デイトレに適した銘柄の要件とは?

デイトレで稼ぐには、デイトレに適した銘柄をリストアップすることが必要だ。

 

デイトレは、一日の間に買って売る、あるいはカラ売りして買い戻すという往復で利益を取る。

 

そのため、一日の値幅が大きな銘柄でないとやりにくい。

 

一日の値幅が5円とか10円しか動かないような銘柄では、どこで買いに入って、どこで売って利確すれば良いのかわからないから、デイトレには向かない。

 

つまり一日の値幅が大きな銘柄が、デイトレに適した銘柄だと言うことになる。

 

理想を言えば、一日の値幅が10%くらいあると良い。

 

たとえば株価が300円前後の銘柄だと、一日に30円くらい動くイメージだ。

 

290円くらいで始まって、285円まで押して、そこから切り返して315円くらいまで騰がるような展開だと、理想的。

 

デイトレしやすい銘柄の5分足チャートの例

デイトレしやすい銘柄の5分足チャート

 

こういう風に、ジワジワ買いが入っては、大きな売りが出てくるようなチャートだと、買い時も売り時も分かりやすかったりする。

 

買いたい勢力と売りたい人が居ることがハッキリしているチャートは、押し目が狙いやすい。

 

またマイナス圏で揉み合った後にプラテンする銘柄は、値幅も大きく取りやすいし。

広告

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★うねりどり★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資教材 最新人気ランキング