募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

デイトレで疲れ果てたら

更新日:

デイトレは結構疲れる。

 

儲かってなければさらに疲れる。

 

スキャルピングのように狙う利幅を小さくして、確実に小さなプラスを積み上げていくなら、さほど疲れないのかもしれないが、少額資金で大きな利幅を狙うと、パソコンの前で何時間もイライラする。

 

仕方がないので、スクワットをやってみたり、プッシュアップをやってみたり、洗濯してみたりと、色んな気晴らしをやってみるのだが、やっぱりストレスが溜まって仕方がない。

 

直接の原因は、株価が思うように上がらないということだろう。

 

というのもデイトレで5分足チャートを見ていても、上がる時間帯というのは短くて、下がったり停滞している時間帯が長いから。

 

しかもいつ下がり出すのか分からないから、ずっと見てないといけなかったりして、なんかもう異常に疲れる。

 

こういうときはもちろん、あらかじめ逆指し値注文でもしておけば良いのだが、そうすると今度は損切りばかりになって、損切り貧乏になってしまう。

 

損切り貧乏にならないためには、含み損を抱えた株をそのまま持ち越さねばならないが、その間は資金が固定されて憂鬱な時間を過ごす。

 

デイトレとうまく距離を取れれば良いのだが、この辺が少額デイトレーダーの難しさだな。

 

まあそのうち疲れ果てて、割り切れるようにはなるんだろうが。

 


スイングかデイトレか、ハッキリすべきかな

デイトレで疲れ果てるのは、株価のアップダウンに一喜一憂しているからだろう。

 

たとえば株価がぐんぐん上がるとワクワクして、資金があったらすぐに買い付けて儲けたい。

 

儲かってると、毎日朝起きるのが楽しみ。

 

これは大人になると、なかなかない感情だ。

 

だけど負けが込み始めると、途端にしんどくなる。

 

マーケットスピードを立ち上げても、保有株が下がっていてどんよりした気分になる。

 

そのまま放置しておいて、株価の回復を待っても良いのだが、どうしても取引したくなって、貧乏損切りを始めてしまう。

 

しかも損切りした株が、午後2時あたりから急上昇して、何もしなければ含み損が解消されていたりして、どっと疲れが増してしまう。

 

スイングトレード中心なら、翌日以降のアップを目指すから、ひたすら株価の反転を狙って待てるのだが、ストップ高銘柄のデイトレになると、ぐんぐん上がっている株に乗っかるので、ついつい高値づかみをして大損してしまう。

 

こういう場合はもう、デイトレで稼ぐのは諦めて、スイングトレード中心にやるべきなんだろうね。

 

どのみちデイトレが成功するのは、前場でガンガン上がってる時だけだし。

 

デイトレで負けが続くと、色々考えてしまう。

 


広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX