募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

特定の銘柄を前もってピックアップするのはダメ

更新日:

デイトレで勝負する銘柄は、その日の株価上昇ランキングから捜す。

 

前もって銘柄をピックアップしておくと言う方法は、実はなかなか上手くいかなかったりする。

 

私もスイング・トレードをあきらめて、デイトレ一本で行こうと思ったときには、前もって銘柄を選ぶというやり方に固執してしまった。

 

その結果、大損して虎の子の資金15万円がさらに5万円まで減るはめになってしまった。

 

要するに「昨日上がったから、今日もチャンス!」と思って買い付けたら駄々下がりで損。

 

次の日も同じ事をやってしまって損。

 

明日は上がるはずと思って持ち越したら、さらにギャップダウンして損。

 

上がっている株なんて他に何十もあったというのに、今までトレードしていた銘柄に固執してしまった結果、ダラダラと損を積み上げて資金を減らしてしまったわけだ。

 

もちろんデイトレを続けていると、そのうちデイトレに向いた銘柄が残って来るということになるが、それでもいつ人気がなくなるともわからないのが難しいところだ。

 


デイトレできる銘柄は全市場にある

デイトレに適した銘柄というのは、1日に10%とか20%も上昇する銘柄だ。

 

こういう銘柄は値上がり率ランキングを見ると見つかる。

 

証券会社の投資ツールには必ずランキング情報というのが付いているはずだが、ヤフー・ファイナンスにもランキング情報は載っている。

 

ヤフーファイナンス・株式ランキング(※ただし10分遅れ)1日に10%とか20%も上昇する銘柄というと、新興市場(東証マザーズやジャスダック)に多いように思いがちであるが、東証1部でも10%くらいは上がる株はある。

 

たとえば次のランキングを見ると、JQ(ジャスダック)が11銘柄、東マ(マザーズ)が4銘柄だが東証1部も6銘柄あるのがわかるはず。

 

★株価上昇ランキング例(2011年8月17日)株価上昇率ランキング最近は東証マザーズから東証一部に昇格する銘柄も結構あるし、昔の大企業も東証一部に残ったままだったりするので、デイトレ銘柄を捜すのに、市場はあまり考えないでも良い。

 

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX