募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

大引け前に必ず買いが入る銘柄は助かる

更新日:

デイトレで稼ぐ方法。

 

次は、「大引け前に必ず買いが入る銘柄」だ。

 

取引が閑散としていて、あまり激しく売買がない銘柄でも、大引けが近付くと、突如として買いが入って値上がりしたりすることがよくある。

 

ザラ場で激しく売買されている銘柄の場合は、大引けが近付くにつれ、利確売りや手じまい売りで大きく下がることもよくあるのだが、そうではなくて、必ずと言って買いが入るのだ。

 

こういう銘柄が分かっていると、非常に便利だ。

 

というのも、収支がマイナスになっている場合は、手数料分だけでも稼いでおきたくなって大引けまで粘るのだが、なかなかそう簡単に騰がる株なんか見つからない。

 

そういうときに、大引けまでに必ず買いが入る銘柄をいくつかリストアップしておけば、それでちょっとは取り返せるしね。

 

こういう銘柄は、大きくは騰がらないが、高確率で上がって小銭を稼がせてくれるので、本当に有り難い。

 

もちろん、デイトレで大きく利益が上がっている場合は、大引けを待たずに、さっさと手仕舞いしてしまった方が良い。

 

なんと言ってもデイトレというのは神経を使うから、13時過ぎでも、14時前でも、儲かっていたらさっさと手仕舞いして、昼寝でもしておいた方が、翌日の勝率も良くなるしね。


大引け前に、高確率で上がる銘柄というのは、見つけられると非常に便利だ。

 

しかしどういう銘柄がそうなるかは、なかなか難しいところだ。

 

印象としては、前場にあまり動きがなく、後場になって動く銘柄。

 

あるいは前場に激しく動いたのに、後場13時過ぎになると、売買が急に閑散化して静かになる銘柄。

 

こういう銘柄は、14時過ぎから大引けのどこかの時点で、突然動意付いたりする。

 

ということでいくつか5分足チャートを並べてみる。

 

後場の後半に買いが入った5分足チャートの例

後場の後半に買いが入った5分足チャートの例

後場の後半に買いが入った5分足チャートの例

 

考察は次。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX