募集再開!《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

デイトレでの狙い目の見つけ方

更新日:

デイトレでストップ高を狙うなら、狙い目は、5%くらい上がっている銘柄だ。

 

寄りつきの5分足一本だけ陽線だと危ないが、5本くらい陽線が並んでいるとチャンス大。

 

これが3%だとか4%くらいだと、思ったようには上がらない。

 

やっぱ10%は上がっていないと、ストップ高にはならない。

 

というのもストップ高になるような銘柄の場合は、20%近く上昇するわけで、それを上昇途中で捉えて買い付けようとすると、どうしても10%付近で捉えることになるからだ。

 

10%も上がる株には、何らかの上昇要因がある。

 

5分足で陽線が4本も5本も並んでいる場合は、時間的には30分にわたって買いが続いているので、これが続いている間はまだまだ上がる可能性がある。

 

陽線が並んでストップ高に向かう例

分足チャート・ストップ高


断続的に買いが入って上がる

また断続的に買いが入る株も、買い手側に何らかの意図がある。

 

断続的に長い陽線(5分足)がある例。

 

ストップ高狙い 5%近く上がっている株を狙え?

 

あるところまで株価が下がったら買って、またあるところまで株価が下がったら買いに入るという繰り返し。

 

なんだか株価が下がるのをある程度見越したような買いの入れ方。

 

高値づかみしているホルダーがたくさんいるような銘柄の場合、ちょっと上がれば後から後から売りが湧いてくるので、その湧いて出た株をドンドン拾って集めるという感じだろうか。

 

つまり株を安値で集めているという感じの買い方で、大口の株の買い方と言ったところだろうか。

 

こういうのも買い手が何らかの良い材料を持っていて、そのために株を買い集めているのだという憶測が付く。

 

だから、だんだんチャートも右上がりになっていき、大引けに掛けては提灯がつく形で上昇している。

 

もちろんこれは、動意付いた初日の話に限るが。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX